スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<映画「アバター」>興行収入歴代1位 全世界1687億円(毎日新聞)

 ジェームズ・キャメロン監督による米国の3D(立体)映画「アバター」の全世界興行収入が、同じくキャメロン監督の米映画「タイタニック」を抜いて歴代1位となった。この映画を配給している20世紀フォックスが26日、発表した。

 同社によると、「アバター」は昨年12月中旬から下旬にかけて世界各地で公開され、今月25日までの全世界興収が18億5500万ドル(約1687億円)に達した。これまでの最高記録は、97年公開の「タイタニック」の18億4290万ドル(約1676億円)だった。

 「タイタニック」が1年半かけて作った記録を、「アバター」は約40日間で塗り替えた。立体的な映像の迫力が人気を集めたことに加え、3D版は通常の映画より料金が高いこと(日本では300~500円高い)も要因になったとみられる。

 日本では昨年12月23日に公開され、5週連続で興収ランキング1位。興収総計はすでに70億円を超えている。

 「アバター」は、ある惑星を舞台にしたSF作品。資源を求めて訪れた地球人と現地人が繰り広げる戦いとロマンスを描く。今年のゴールデングローブ賞ではドラマ部門の作品・監督賞を受賞した。

 3D映画はデジタル技術の発達により、ここ数年、急速に普及した。観客が専用のメガネを掛けて見ると、奥行きと立体感を感じられる。【勝田友巳】

【関連ニュース】
二重被爆者:山口さん、死の直前キャメロン監督らにバトン
映画興行成績:「アバター」が4週連続首位 興行収入60億円突破
アバター:ゴールデングローブ賞「作品賞」「監督賞」の主要2部門受賞
押井守監督:アバターに「やりたいことを全部やられた」と脱帽 「アサルトガールズ」トークショー
映画興行成績:「アバター」が年越し2週連続首位 「のだめ」は2位キープ

<電気カーペット>パナソニック電工製で焼損事故 リコール(毎日新聞)
秋葉原無差別殺傷事件きょう初公判 争点は責任能力(産経新聞)
日中歴史共同研究 日本側「苦渋の譲歩」中国側、繰り返し圧力(産経新聞)
菅副総理 財政・経済演説 「納税者番号」明言/デフレ克服へ決意(産経新聞)
<九州新幹線>全線開業は来年3月 新設の3駅名も決定(毎日新聞)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まつはしさだしさん

Author:まつはしさだしさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。